夫婦と4才と10か月の子供が2人いる我が家の家計簿

注目

我が家の毎月の生活について何ですが、私が専業主婦をしている為旦那の収入のみで家計のやりくりをしています。ちなみに夫婦と4才と10か月の子供が2人います。

旦那の手取りが23万円。食費が6万円。外食費1万円。水道光熱費が1万5千円。通信費が1万5千円。子供の保育料が2万4千円。旦那のお小遣い3万円。貯金6万円。雑費2万円。

が毎月の収支でしょうか。それに加えて、車の税金や、結婚式に呼ばれたりで、突如出費が発生するので毎月赤字になっています。

旦那のボーナスが年2回で合計150万円ほど頂けるので、それで穴埋めしている感じです。 時には、ボーナスをあてにキャッシングでお金を借りる事もあるぐらいです。

すなわちキャッシングしてしまった時は、ボーナスが入って一括で返済するので、ボーナスが入った気がしません( ゚Д゚)何かせつないんですよね。。。

貯金の内訳としては、財形に4万円。子供の将来の為に2万円。 家の家賃は社宅の為、給料から8万円ほど天引きされています。

こう書いてみたら、そこそこの生活はできていると思いますが、正直何一つ贅沢はできない状況です。肉や魚はスーパーの特売を大量に買って冷凍保存して使います。

服はなるべく買わないし、買ってもセール品や安いお店の物しか買いません。 2千円以上する服を買うのは2年に1度くらいでしょうか。私もたまにはオシャレなんかしたいんですが、専業主婦の身分で自分の服を買う訳にもいかないですしね、、、。

でも、節約している分、多少の贅沢もしています。それは夫婦してお酒が好きなので、毎日の晩酌はやめられません。それで食費が6万円と少し高めになってしまいます。あと、年に1回か2回は家族旅行をします。

毎日いろいろと我慢している事があるので、このようにストレスが貯まらないように上手く生活するのが大事ですよね。

キャッシングでお金を借りるとときの審査について

いわゆるキャッシングといえば銀行やクレジットカード会社、消費者金融などから融資をしてもらうことをいいます。保険のようなものは必要ないですし、返済方法の選択肢が多くあり使い勝手が良いため、利用する人は増えてきています。理由は何であろうと借りることが可能ですので、突然お金が必要になった時には利用できるでしょう。キャッシング業者の中で、即日に融資をしてくれるものもあります。その日のうちにお金を貸してくれると、急な出費で明日にはお金が足りなくなる時にも便利ですね。
●お勧めのカードローンはこちら⇒借りやすい金融機関は?金融営業マンが教えるカードローン講座
ところが、申込みの手段や時間帯によっては、その日のうちにお金を貸してくれないケースもあるでしょう。あわせて、審査を通らなければ、借り入れができないので、注意しましょう。キャッシングでお金を借りるには、審査される必要があります。もし、審査に落ちてしまうと借り入れできません。審査の基準は業者によってちがうもので、審査を通るのがむつかしいところと甘い業者があります。大抵、審査の厳しい金融業者の方が金利が低く済むなどの良い点があるでしょう。キャッシングで融資を受ける前に、キャッシング業者のことを見比べて、選ぶのは慎重におこないましょう。金利が一番重要なことですが、お金を返す方法やそれが遅れた場合の遅延損害金等も調べるようにしましょう。近頃では、初回限定で、期間によってゼロ金利の業者もいるので、キャッシングを利用する前に確認が必要です。審査なしでお金を貸してくれるところは、闇金しかありえません。キャッシングは担保なしでお金を貸しますから、審査をすることによって返済できるのか確認しています。返済ができなさそうな人には融資をしないようにしないと、お金が回収できずに、潰れてしまいます。すなわち、審査をしないキャッシングの業者というのはお金を返してもらえる自信を持っているということです。審査を簡単に通ることのできる業者も存在しますが、審査を簡単に通ることができる業者のほとんどは、高い金利となっていたり、限定された返済方法しか用意されていなかったりと、不利な条件も存在するでしょう。そうだとしても、必要なお金を準備しなければならない時に審査を通りにくい業者からはお金を貸して貰えないのであれば、審査の甘い業者に頼むしかないでしょう。カードローンではアルバイトやパートといった非正規雇用の人お金を借りることが可能です。毎月きちんと仕事をして、ある程度の収入があれば、月々の返済能力があると判断されるので、無事、審査をパスすることが可能です。でも、自分の返済能力に見合った範囲でお金を借りるようにしないと、後々返済できなくなってしまうこともあります。かんたんにお金が手にはいっても、キャッシングは借金には変わりないため、返済せずにいると大変なことになりかねません。キャッシングをして返したいと思ったときのそれぞれのカードローン業者によって様々ですが、ATMを使用しての返済、銀行への振り込みでの返済、口座引き落としといったところが、代表的でしょう。口座引き落としでの返済は、返すことをうっかり忘れることなく確実ですが、返済分を口座にのこしておくように気をつけておかないと、あたりまえですが延滞になります。